1. TOP
  2. ナンパブログ
  3. 店内ナンパin某ファーストフード店

店内ナンパin某ファーストフード店

仕事が終わったのが遅かったので乗り換えに使っている駅にある某ファーストフード店で夕飯を食べることにしました。

実はファーストフード店は飲食店の中で最もナンパの成功率が高い場所のひとつです。来ている客が若いしノリの軽い子が多いです。

今までも何度かナンパしたことはありますがガン無視されるってことは少なかったです。

30分だけ!

今回はナンパ目的ではなく純粋に食事のために寄りました。でも明らかにナンパできるだろうというギャルがいたので声を掛けることにしました。

なぜなら1人だし荷物が多めだし、テーブルの上が片付いてジュースしか置いてなかったからです。おそらくここで一晩明かすつもりなんだろうと思いました。

とりあえず自分の食事を済ませて、片付けをしてあとは帰るだけという状態で隣のテーブルに座って声をかけました。


「これから軽く飲みたいなと思ってるんだけど、良かったら付き合ってくれない?」と言いました。

そしたら「え!」みたいな顔してこっちを見て驚いてました。

「飲みに行きたいなと思ったんだけど誰も捕まらなくて…」と言うと「いやーー」と言いながら首を傾げます。

「不安なら好きな店でいいよ」と言うと「んー」と唸ります。

「じゃあ30分だけ。それでつまらないと思ったら帰っちゃっていいから」と言ったら「それなら」ということでOKしてもらえました。

ホテルに誘ったら…

行ったのは某チェーン系の居酒屋。個室ではないです。

相手は21歳のフリーターで日雇いのバイトを掛け持ちしているらしいです。実家に住んでいるけど遠いから面倒なときはマックや漫喫で一晩明かすらしいです。

見た目は超ギャルって感じですが性格や大人しいかんじでした。顔は可愛いです。彼氏はいないとのこと。

なんやかんやで30分だけと言っていた話はお互いに忘れてしまって2時間以上はそこにいました。この時点でとっくに終電は無くなっています。


店を出て「この後どうしよっか?」と聞いたら相手はさっきの店に戻ると言っていたのでホテルに誘いました。

しかし断られます。「何もしないで泊まるだけだよ」と言っても「絶対ウソだよ~」と言ってダメでした。

何度かそんなやり取りをした後でカラオケに行こうということになりました。

ボディタッチ全拒否される

カラオケでもけっこう飲んだので相手もベロベロになっていたはずですがボディタッチとかは全部拒否られました。

「そうやって最後はおっぱい触ろうとしてるんでしょ?」とか言ってバレバレでした。

この辺でこちらとしても諦めモードに入りました。何曲か歌ったあとで眠くなってきたので先に眠りました。

そしてフリータイムが終わる朝の5時前に相手が起こしてくれました。

「LINE教えてよ」と言われる

そのまま会計をして一緒に駅まで行って始発を待ちました。このままバイバイだなと思っていたら相手から「LINE教えてよ」と言われました。

そして別れるときに「けっこう楽しかったからまた遊ぼうよ」と言われました。

すぐに相手からお礼のLINEがきてその後も何度かやり取りが続いています。

ナンパした子ってセックスしてもそのまま切れてしまう子が多いのに、セックス出来なかった子から積極的に連絡してくるのは珍しいパターンです。

というか連絡先を交換しなくてもあのマックに行けばまた会えるような気がしないでもないですが…可愛い子なのでとりあえず一発はヤリたい。

↑ PAGE TOP