Henry Taitのオススメ健康食品ダイエット【Hentai村】

はじける泡で無理なくできる炭酸水ダイエットの方法と効果

お酒を割って飲むなどの飲み方のほうがなじみ深い方も多い炭酸水。
そんな炭酸水を飲むだけでダイエットができるなんて夢みたいですね。
しかし、炭酸水は正しい飲み方をすれば大きな効果を上げられるおすすめのダイエット方法なのですよ。
ちなみに炭酸水というと市販の甘い炭酸水をイメージする方も多いでしょうが、ダイエットに利用するのは当然のことながら無糖の炭酸水なのでお間違えなく。
それでは炭酸水ダイエットについてみていきましょう。

炭酸水ダイエットが効くワケ

炭酸水とは、上記でもご紹介した通り無糖の炭酸ガスが入った水です。
飲んだ炭酸水はおなかの中で膨れて満腹感を得ることができ、食事量を減らすことに役立ちます。
また、入浴剤にも使われる炭酸は、血管に吸収されると一時的に酸欠状態になり、これは危険!と勘違いした体が酸素を多く体中に巡らせるために血管を拡張し血液量を増やすようにするため、全身の血行が良くなります。
そうなると体温が上がり、基礎代謝がアップ。
同時に腸の働きも活発になるため、便秘の改善やデトックスにも効果的なのです。
食前にアペリティフなど炭酸の飲み物を少量飲むのもこの炭酸水の働きを利用したものです。
胃に入った炭酸が器官を刺激し、血流を増やして食欲を増進させる働きをします。
食欲を増進させてしまったらダイエットに逆効果じゃないか?と思われるでしょうが、その点については次でご説明しますね。

炭酸水ダイエットの方法

炭酸水ダイエットの方法は、食事の前に常温の炭酸水を500ml飲むだけです。
ペットボトル1本というとかなりの量ですが、一気飲みするのではなく食事の30分くらい前から自分のペースでのみきるようにすれば良いですよ。
少量の炭酸水は食欲増進の働きをしますが、500mlも飲めばさすがに水分量そのものにプラスして炭酸ガスがおなかの中で膨れて満腹感を得ることができるため、食事量を無理なく減らすことができます。
またおやつが食べたくなる頃に炭酸水を飲むのも効果的です。
ただ無味の炭酸水を毎食前にそれだけ飲んでいては飲み飽きるという方も少なくありません。
そんな場合は炭酸水にレモンをプラスするのもおすすめです。
風味が良くなるだけでなく、レモンに含まれるクエン酸によって疲労回復効果が得られます。

炭酸水ダイエットの注意点

炭酸水を飲むときには爽快感を得たくて冷たい氷入りの炭酸水を飲みたいと思うかもしれませんが、それは胃に大きな負担を与えるので避けることをおすすめします。
冷蔵庫に入れず常温の炭酸水ならば、胃腸を不用意に刺激せずに済みます。

また、三食全て食事前に炭酸水を飲む必要はありません。
栄養バランスが取れた食事はダイエットの大前提。
すべての食事を減らしてしまっては栄養不足になるリスクが高まり、健康的に痩せることができません。
一日しっかり動かなければならない朝食や昼食はそのまま、活動量も減りカロリーを抑えたい夕食前に飲むなど、自分のライフスタイルや食欲に合わせて行うようにしましょう。

まとめ

炭酸水を食事前に飲むだけで、おなかで膨れて満腹感を得ることができ、食事量も自然と減らすことができる炭酸水ダイエットはとてもお手軽ですね。
飲むだけで基礎代謝を上げ、自然と「お腹が空いていない」状態にしてくれる炭酸水。
食欲を我慢せずに続けられる炭酸水ダイエットはお試しする価値があるダイエット方法ですよ。

関連記事

  1. 面倒な食事制限一切ナシ!手軽に続けられる青汁ダイエットの方法と効果
  2. おいしく痩せるなら、簡単な夜ヨーグルトダイエットがオススメ
  3. 脂肪燃焼・分解促進効果で痩せやすい身体作りができる黒酢ダイエット