Henry Taitのオススメ健康食品ダイエット【Hentai村】

おいしく痩せるなら、簡単な夜ヨーグルトダイエットがオススメ

痩せたい!ダイエットしなくては!と思っていても、なかなか続かないという方も多いですね。
厳しい食事制限やハードな運動を行うダイエットを続けることはかなり意思が強くないと難しいことですし、やり方を間違えるとストレスで暴飲暴食に走ってしまうことも。
できれば手軽においしくできるダイエットがないかな?という方におすすめなのが、ヨーグルトを利用したダイエット方法です。
それではヨーグルトダイエットの方法と注意点を見ていきましょう。

ヨーグルトダイエットの方法

まずあらかじめ知っておきたいのが、ヨーグルトを食べることで痩せるというわけではないと言うこと。
ダイエットだけでなく美容や健康においても便秘が大問題であることは多くの方がご存知ですね。
ヨーグルトダイエットでは、ヨーグルトを食べることで乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やし、腸内細菌を善玉菌優位にして腸内環境を良くすることで便秘を改善し痩せやすい体にしていくというアプローチ方法で行うダイエット方法なのです。
ヨーグルトダイエットの方法はとても簡単。
「夕食の前にヨーグルト200gを食べる」だけ。
とってもわかりやすいですよね。
しかし、200gの量は食べようと思うと大変な量です。
ファミリーサイズのヨーグルトの半分ですので、最初のころはヨーグルトを食べるだけでお腹がいっぱいになってしまいます。
そのため、慣れないうちは100gからスタートし、その後増やしていくと無理なく続けることができます。
食べるときには一緒にバナナやイチゴ、リンゴなどのフルーツをトッピングして食べましょう。
食べ飽きてしまうことを防ぐとともに、ビタミンやミネラルなども同時に摂取できますし、善玉菌のエサとなってさらに腸内環境を良くするのに役立ちます。

ヨーグルトダイエットのポイント

とても簡単なヨーグルトダイエットですがおさえておきたいポイントがいくつかあります。
まず、食べるヨーグルトは無糖のものにしましょう。
200gも食べるので、加糖タイプではカロリーが高くなってしまいます。
甘くないと食べられないと言う方は、フルーツに加えて蜂蜜やオリゴ糖をプラスすると良いでしょう。
また冷え性の方や生理中の方はヨーグルトを温めてホットヨーグルトにすると、おなかを冷やさずに済みます。
さらに食べるヨーグルトは定期的に別の菌が入ったものにすること。
これは常に同じ菌ばかり食べていると腸内の中で怠けてしまうからです。
違う菌に替えることで、腸内が刺激され、さらに善玉菌優位の腸内環境を維持することができます。

まとめ

おいしく簡単にできるおすすめのヨーグルトダイエットの方法とポイントはわかっていただけたでしょうか。
ヨーグルトダイエットは早い人で翌日から便秘が改善し、肌ツヤや体調が良くなるなど効果がわかりやすいダイエット方法でもあります。
ヨーグルトは朝食に食べることが多かった方も、これからは夕食にどうぞ。
夕食前に食べることで、ちょうど腸のゴールデンタイムと言われる夜の22時から2時のころに届きますし、食欲を抑えることができるので夕食も控えめになるなど一石二鳥なのです。
今までどんなダイエットも成功しなかったと言う方はぜひお試しください。

関連記事

  1. 面倒な食事制限一切ナシ!手軽に続けられる青汁ダイエットの方法と効果
  2. 脂肪燃焼・分解促進効果で痩せやすい身体作りができる黒酢ダイエット
  3. 食事前の豆乳で痩せる体に!手軽に続けられると人気の豆乳ダイエット