Henry Taitのオススメ健康食品ダイエット【Hentai村】

脂肪燃焼・分解促進効果で痩せやすい身体作りができる黒酢ダイエット

人の体は、正しい食生活や生活習慣を送らないと徐々に酸性に傾いていきます。
その結果、太りやすくなったり、老化を早めるなど体の酸化は百害あって一利なしであることは多くの方がご存知ですね。
そんな酸性に傾いた体をアルカリ性にしてくれるのが「酢」です。
お酢が体に良いことは昔から知られていましたが、多くのミネラルやビタミン等を含む「黒酢」はさらにダイエットにも役立つスグレモノの食品なのですよ。
そんな「黒酢」を使ったダイエット方法を見ていきましょう。

黒酢のパワー

黒酢は玄米または大麦を1年以上発酵・熟成させた酢です。
特徴的なあの深い色合いは、熟成によりクエン酸、アミノ酸、酢酸、ミネラル、ビタミンの量が増えたことによるものです。
とくに注目したい成分が疲労回復や美肌にも効果的といわれるクエン酸です。
代謝をスムーズにする働きがあるクエン酸には脂肪と糖の燃焼を促進させる働きがあります。
また黒酢に含まれるアミノ酸は普通の米酢の6倍。
アミノ酸は脂肪を分解してくれる酵素「リパーゼ」に働きかけ体内で脂肪の分解を促進する効果があります。
このクエン酸とアミノ酸の脂肪燃焼効果と脂肪分解促進効果のダブルのパワーで痩せやすい体作りができます。

黒酢ダイエットの方法と注意点

黒酢を食中や食後に10ml程度飲むのが一般的な黒酢ダイエットの方法です。
酢の物やサラダなど料理に取り入れても良いですね。
しかし黒酢の味はそれほど飲みやすいもの、美味しいものではありません。
そのまま飲むのは抵抗があると言う方は、5~6倍に薄めて飲むと良いでしょう。
それでも黒酢を飲むのがキツいという場合には、市販の「リンゴ黒酢」「ブルーベリー黒酢」など果実の味付けをプラスしたもので代用してもO.Kです。
牛乳割りにするとヨーグルトのような風味が楽しめて、しかも美味しいので飲みやすくなるため、おやつとしてもおすすめです。
ただ味を付加した黒酢は糖分が多くなってしまいます。
水や炭酸で黒酢を割り、はちみつでお好みの味に調整して飲んだ方がカロリーを抑えることができます。
また空腹時に飲むとおなかに刺激が強いので、何かしらおなかに入っているときに黒酢を飲むようにしましょう。

黒酢ダイエットの効果

脂肪燃焼・分解促進の効果があると言われる黒酢ですが、薬ではないので飲んだらすぐに体重が減るなどダイエットができると言うわけではありません。
ですが、飲み続けることで血液をサラサラにし、血行を促進する効果もあるため、トータルで体の中のバランスや調子を整え、酸化を防いで老化防止になるなど、ダイエット効果だけにはとどまらない健康効果が期待できるのが黒酢の最大の魅力です。
疲れをとる酢酸も成分に含まれているので、毎日活動的に過ごせるようにもなります。
栄養バランスの取れた食事、適度な運動と睡眠などとともに黒酢を食事に取り入れることで相加相乗効果を発揮し、痩せやすく太りにくく、若々しい体を手に入れることができます。

まとめ

黒酢ダイエットは、食中・食後に飲むだけというお手軽なダイエット方法です。
クエン酸やアミノ酸をはじめとした体に有益な栄養が働いて、太りにくい体やさびにくい体作りができます。
いつもの食事に黒酢をプラスして、魅力的な身体作りにお役立てください。

関連記事

  1. 面倒な食事制限一切ナシ!手軽に続けられる青汁ダイエットの方法と効果
  2. おいしく痩せるなら、簡単な夜ヨーグルトダイエットがオススメ
  3. 食事前の豆乳で痩せる体に!手軽に続けられると人気の豆乳ダイエット