Henry Taitのオススメ健康食品ダイエット【Hentai村】

食事前の豆乳で痩せる体に!手軽に続けられると人気の豆乳ダイエット

女性らしい体を作るのに欠かせないものといえば女性ホルモンです。
ですが、30代以降になると徐々に女性ホルモンの分泌も衰えてきて、体重増加や太りやすい体になってしまうことが知られています。
年齢だから仕方がないと諦めるのはまだ早い!少なくなった女性ホルモンは食べ物から補給すればよいのです。
女性ホルモンに似た働きをする食べ物といえば大豆に含まれる大豆イソフラボンですね。
様々な大豆製品のなかでもお手軽に利用できる豆乳を使ったダイエット方法をご紹介します。

豆乳がダイエットに良いワケ

豆乳といえば、クセがあって飲みにくいという方も少なくありません。
ですが、豆乳にはダイエットにうれしい成分がいっぱい。
女性ホルモンのなかでもエストロゲンに似た働きをするダイスイソフラボンをはじめとして、脂肪燃焼促進効果や便秘解消効果のある大豆サポニン、腸で善玉菌のエサになり腸内環境改善に役立つオリゴ糖、良質なタンパク質、レシチン、ビタミンB群、ビタミンE、マグネシウム、カリウムなど女性の体にうれしい成分が豊富に含まれています。

豆乳ダイエットの方法と効果

豆乳ダイエットの方法はいたって簡単です。
食事の前に豆乳を飲むというものです。一日あたり1日200mlを目安にしましょう。
食事前に飲むことで、食欲を抑えることができますし、大豆サポニンの働きによって脂肪を燃焼させ、吸収を抑えることができるので一石二鳥なのです。
大豆食品を摂ることは大事とわかっていても、毎日毎食、豆腐や納豆などを食べ続けることは難しいかもしれませんが、豆乳ならば食事前に飲むだけなので続けやすいはずです。
ただどうしても豆乳が苦手という方は、青汁やココアを混ぜたり、シチューや鍋、スープや豆乳クッキーなどにして取り入れると良いでしょう。

豆乳を飲むことで徐々に太りにくい体になるだけでなく、女性ホルモンのバランスが整い、生理痛や生理不順、PMSなどに悩まされることも少なくなっていくのもうれしいですね。

豆乳ダイエットの注意点

女性の体やダイエットにうれしい成分が豊富に含まれる豆乳ですが、だからといって大量に飲むことはオススメできません。
大豆イソフラボンの大量摂取により、自身のホルモンバランスが大きく乱れ、かえって生理不順など体の調子を崩すおそれがあります。
また妊娠中にダイエットを行う方はいらっしゃらないでしょうが、妊娠中に過剰摂取するとお子さんに大豆アレルギーの影響がある可能性も指摘されているので妊婦さんは要注意です。

まとめ

食事前に飲むだけで食欲を抑えつつダイエットにつながる豆乳ダイエットは、とてもお手軽ですね。
年齢を経て女性ホルモンの分泌が衰えてきた女性には特におすすめです。
しかし、豆乳ダイエットを行う時には、大量摂取は厳禁。
一日の適量を守りつつ、ダイエットに豆乳を役立ててください。

関連記事

  1. 面倒な食事制限一切ナシ!手軽に続けられる青汁ダイエットの方法と効果
  2. おいしく痩せるなら、簡単な夜ヨーグルトダイエットがオススメ
  3. 脂肪燃焼・分解促進効果で痩せやすい身体作りができる黒酢ダイエット